地域で安心して暮らせる住まい・医療・福祉の推進を

2019年4月8日 15時42分 | カテゴリー: 活動報告

都立の梅ヶ丘病院跡地に、民間の施設「東京リハビリテーション世田谷」が開設されました。障害のあるお子さんや医療的ケアの必要な方のケアなど行える施設になっています。

先日の開所式に私も福祉保健委員として出席しました。今後は、世田谷区の様々な機関と連携して、医療と福祉の拠点としての機能を果たしていく事が期待されます。

これから長期にわたって病院に入院することが出来ないことから、在宅療養が増えていきます。しかし、高齢になると医療的なケアを受けることも多くなり、訪問看護や在宅療養支援診療所、小規模多機能施設などとの連携が必要です。ホームホスピスなど、緩和ケアや看取りも含む在宅医療を進められるよう要望していきます。

介護サービスに関しては、地域密着型サービスの充実を求めてきました。特に小規模多機能介護施設が増え、誰もが使えるように働きかけていきます。